借りる前に知っておこう!店舗物件の居抜き物件とは

居抜き物件の特徴とは

店舗物件を借りようとしたときに、居抜き物件というものがあります。これはいったいどのような物件なのでしょうか?これは、テナントが退店する場合に内装や器具などを次の借り主がそのまま引き継いで利用することが条件となっている物件です。特に飲食店などに多いのですが、初期費用が抑えられるため、資金面から居抜き物件を検討するケースも多いといわれています。この居抜き物件は、居抜き物件専用業者の方が情報を早くつかんでいることが多く、専用業者を頼ることが多いようです。

居抜き物件の良いところとは?

先ほども述べましたが、初期費用が抑えられるというのが一番のメリットになるでしょう。内装の工事費が抑えられたり、厨房の器具などの購入費も抑えられます。起業、新規オープンなどには多くの諸費用がかかりますから、資金面で少しでも楽になれるというのは嬉しいですね。また、そのほかのメリットとしては、同じような業種の場合にお客を呼びこみやすい点や、一から始めるよりも短期間でオープンできる分、時間的なロスも少ないといった点などが挙げられます。

いいことだけではない?!居抜き物件の注意点

良い点を見ていると、居抜き物件は事業を始めるのに適しているようにも思えますね。ところが、注意したい点もいくつかあります。以前から使っていたということは、設備の老朽化も早く訪れるということでもあります。初期投資が抑えられた分、メンテナンスの必要が多くなるかもしれません。また自由なレイアウトが出来ず、使いづらいといった面もありそうです。そして、一番気をつけたいのが、短期間にテナントが次々と変わっていないかどうかです。どこがやっても繁盛しない、そんな場所もあるのです。このような点にも気をつけて、良い店舗物件を探したいですね。

店舗物件は最初から店舗として経営する事が出来る設計となっていますので、格安で店舗経営を始める事が出来ます。