外壁塗装といったリフォームを考えてみよう

外壁があることで侵入が防げる

皆さんは外壁塗装といったものをご存知だと思いますが、まず外壁は何のためにあるのかと考えると、侵入者は勿論、雨などの水の侵入を防ぐためと言えます。家の外壁にはどんなものがぶつかってくるか挙げてみましょう。生き物なら昆虫、甲虫と言う固い殻をもったカブトムシなども家の明かりをめがけてぶつかって来ます。石や砂なども強風時に壁にぶつかりますが、雪やヒョウも外壁があれば凌げます。こうして考えてみると家の外壁は多くのものの侵入を阻止してくれるガード役とも言えるでしょう。

雨や風、紫外線からも守ってくれる

ポカポカとした散歩日和の清々しい日もあれば、大雨の日や大雪の日もあり地球の天候次第で状況は変わります。夏は暑く冬は寒く乾燥しがちですが、これらの環境でも住居というものがあるからこそ快適に暮らしてゆくことが出来るのです。家の壁を守っている外壁塗装は雨や紫外線をブロックする役割を持っています。特殊な塗料を使うことで家を守り長持ちさせることが出来るのです。外壁塗装には色々な種類がありますが、アクリル、ウレタン、シリコン、フッ素など大きく四つの塗料があり耐久性など特徴に違いがあります。

外壁塗装における塗料の知識をつけておこう

外壁塗装の選び方は人それぞれ、耐久性があるものを選ぶか、価格の安いものを選ぶかで大分変ってきます。フッ素系塗料を選べば耐久性、防水性は最上級ランクと言えますが、フッ素系塗料の価格は最も高いため経済的な面では負担がかかってしまう傾向にあります。しかし耐久年数が20年と長いため、おいおいのリフォームの必要性といったものを考慮すれば、是非選んでおきたい塗料であることは間違いないでしょう。予算に合わせた塗料選びも重要で、高いものからフッ素、シリコン、ウレタン、アクリルとなりアクリル系塗料は5年~7年ほどの耐久性しかありませんが、最もコストがかからない塗料とされています。

外壁塗装なら鎌ヶ谷の塗装会社に安心して依頼できます。実績が豊富ですし、さまざまな塗料を用意していますから選択肢が豊富です。