こんなにあります!長期優良住宅の認定を受けた注文住宅のメリット

住宅ローンを利用する場合にはメリットがあります

注文住宅を建てる際に、長期優良住宅の認定を受けるケースが増えています。その大きな動機になっているのが、認定を受けることによって得られる、税制などの優遇措置です。たとえば、国によって実施されている住宅ローン減税の場合をみてみると、通常の住宅では、控除額の上限が400万円に設定されているところが、長期優良住宅の認定を受けた注文住宅の場合には、その上限が500万円に設定されています。控除額が100万円も上乗せされることになっているのですから、これでは人気が出るのもわかりますよね。

住宅ローンを利用しない場合でもメリットがあります

長期優良住宅の認定を受けた注文住宅は、住宅ローンを利用しない場合であっても、大きなメリットがあります。たとえば、所得税の控除が受けられることがあります。その所得税の控除は、長期優良住宅の認定住宅を建てる際に必要な、いわゆる、掛かり増し費用がその対象になります。最大65万円が、所得税から控除され、さらに控除しきれない部分については、翌年度の所得税から控除されることになっています。その他にも、登録免許税や不動産取得税、固定資産税などにも、優遇措置が用意されています。

税制だけではなく、金利の面でもメリットがあります

長期優良住宅の認定を受けた注文住宅のメリットは、税制だけではありません。住宅金融支援機構とそれぞれの民間金融機関とが提供している長期固定金利住宅ローン、いわゆるフラット35には、優良住宅取得支援制度が用意されています。この制度では、現在であれば、当初10年間の金利が、通常のフラット35とくらべて、0.6パーセント低くなっています。これは、借入金額が3000万円で、借入期間が35年、元利均等返済といった条件を想定してみると、総額でおよそ170万円以上少ない返済額で済むことになります。注文住宅を建てる際には、このようにお得な制度を、是非検討してみてはいかがでしょうか。

注文住宅で建てる場合には細かい要望にも応えて業者が対応してくれるので理想の仕上がりを目指すことが出来ます。